超便利!テキストエディターから統合開発環境に変えよう!

こんにちは。

Kitachisukuです。

よく使われるエディターには、

Visual Studio Code,Atom,Vim

他には秀丸エディタサクラエディタなどがあります。

 

それらのソフトにも、

予測変換・シンタックスハイライトなどはついていますが、

デバッグGUI開発などで困ったことはないでしょうか。

 

これらのソフトに共通して言えるのは、

軽いという特徴です。

 

使うのにはそれなりのスペックが必要ですが、

それに見合った大量の機能があるソフトたちがあります。

 

それらを統合開発環境といいます。

今回はその統合開発環境について話していきます。

 


 1.統合開発環境を詳しく

2.種類

3.大雑把に

4.まとめ


 

 1.統合開発環境を詳しく

統合開発環境は、

コンパイル、コーディング、デバッグなど、

それぞれバラバラなツール達を、

一つにまとめたソフトです。

 

例として人気なVisual Studioにはこういう機能があります。

  • シンタックスハイライト
  • 補完
  • リアルタイムエラー指摘
  • コントロール組み立ててGUIを作れる
  • デバッグ・ビルド
  • gitとの連携
  • ライブラリ管理
  • 様々なプログラム言語へのサポート

など。

 

重いという欠点はありますが、

個人的に使わない手はないと思います。

 

2.種類

ガンガン種類を言っていきます。

 

Visual Studio

対応環境 Windows,MacOS

 

Microsoftが開発する統合開発環境です。

プロなどもよく使っていて、

Unityとの連携や、

Xamarin,UWPのサポート、

ビルドツールのインストールの補助など様々な機能があります。

 

主に.Net系をサポートしています。

 

また、

本来は有料なのですが、

community版はフリーソフトなどの開発目的でなら無料で使えます。

 

ダウンロード

 

Eclipse

対応環境 Windows,MacOS,Linux派生

 

IBMが開発していた開発環境で、

オープンソースでフリーの開発環境です。

 

他のもの(Javaで作られた)に比べると軽い方らしいです。

 

様々な言語のサポートがあり、

主にJavaをサポートしています。

 

ダウンロード

 

NetBeans

対応環境 Windows,MacOS,Linux派生

 

コミュニティが開発する、

オープンソースでフリーの開発環境です。

 

GUIビルダーや、

HTMLのデバッグに複数のレンタリングエンジンが使えるなどの利点があり、

主にJavaをサポートしています。

 

ダウンロード

 

Intellij IDEA

対応環境 Windows,MacOS,Linux派生

 

JetBrainsが開発する、

多くの言語に対応した開発環境です。

 

Javaなどをサポートしており、

Javaの開発環境の人気ランキングでは1位だそうな。

 

Visual Studioと同じく、

有料ではあるが、

オープンソースのcommunity版も提供しているが、

オープンソース版には以下の欠点がある。

 

ダウンロード

 

・PyCharm

対応環境 Windows,MacOS,Linux派生

 

JetBrainsが開発する、

Python特化の開発環境です。

 

オープンソースプロジェクトで用いる、

教育に使用する場合は無料だが、

それ以外の用途では有料。

また、

その他の教育利用のために格安で購入できるアカデミックライセンスもある。

 

ダウンロード

 

3.大雑把に

4.まとめ

統合開発環境には、

テキストエディターと比べてとても多くの機能があります。

 

重くても別にいいって人は、

統合開発環境を使ってみてください。

開発効率が格段に上がります。

 

個人的にはフリーのEclipse,NetBeansがおすすめです。

 

では。