気ままにやっていくプログラミングとかブログ

中学1年生が気ままにプログラムのことを中心に書いていくブログです。

Play Console登録方法

こんにちは。

Kitachisukuです。

今回はあまりプログラムと関係ない話します。

Google Playに出すために、

アプリを作ったんですよ。

ですが、

Play Console登録規約を読むと(こういうの読んだ方がいいですよ)、

「18歳以上」って書いてあったんですよ!

自分は中1なので、

まあ見事にできなかったわけで...

せっかく調べたんだからまとめとこうかな、と、

今回はそれについて若干書きました。

⚠一部情報が変わってるかもしれないので利用規約はちゃんと読もう!

(書き方をMarkDown手法に変えたため少しいつもと違うかもしれません)


  1. アプリを作った

    • 製作期間
  2. 登録に必須なもの

  3. 源泉徴収

    • 払ってくれる
  4. Play Console利用規約(ざっくり)

    • できること
    • できないこと
  5. まとめ


  1. アプリを作った

    • 製作期間

      • 「とりあえずは」って思って、 まずはアプリを作ったんです。
        で、まだその時は、
        Play Console規約のことを知らずに、
        「休みの1週間」ぐらいを溶かしちゃったんですよ!
        気付いた時には、
        めっちゃショックでしたよ...

      • で、 そういうわけでGoogle Playには出せなかったので、
        一応Githubに出しておきます。
        Simple Timer Flutter
  2. 登録に必須なもの

    • Googleアカウント
    • 年齢(18歳以上)
    • 予備のメールアドレス(gmail以外)
    • 連絡先の電話番号
    • 25$(2800円ぐらい)
    • クレジットカードかデビットカード(プリペイドカード不可)
    • 有効な身分証明書

    • ざっとこんな感じです。
      これで注意してほしいのは、
      プリペイドカード不可」と「年齢(18歳以上)」と「連絡先電話番号」です。
      プリペイドカード不可」と「年齢(18歳以上)」はわかると思うのですが、
      問題は「連絡先電話番号」です。
      「プラス記号、国コード、市外局番を含めてください。」と書かれています。
      国コードは、日本は81なので、
      +81を最初に入れて、
      その次に市外局番を入れてから電話番号を書いてください。

  3. 源泉徴収

3.6 支払い処理業者、または認定プロバイダが、適用される(地域の)法律または税務当局によって税金を 源泉徴収することを義務付けられていると Google に通知した場合、または Google が適用される(地域の) 法律または税務当局によって税金を源泉徴収することを義務付けられていると合理的に判断した場合(いずれの場合も「源泉徴収税」という)、Google は当該源泉徴収税に相当する金額も、Google からデベロッパーに支払 われる金額から差し引くものとします。源泉徴収税には、外国送金に対して徴収が義務付けられている、または電気通信税によって課される源泉徴収税も含まれます(ただしこれらに限定されない)。デベロッパーは、 Google から求められる税務書類または納税証明書を合理的に可及的速やかに適時提出することに同意します。

  1. Play Console利用規約(ざっくり)(1になってるのは気にしないでください...)

    • 適用される契約(要約したもの。硬い文章が嫌いなのでこうしました。)
      1. 複数の国のGoogleが提供するサービスです。
        所在地、事業体を変えるかも。
        個人ユーザーにはこの規約が適用されるよ!
      2. 18歳以上で、
        Googleと法的拘束力のある契約を結ぶことができる年齢になっているんだったらできるよ!
      3. これはGoogleとユーザーの間の法的拘束力がある契約だよ!
      4. この契約はGoogle Play デベロッパー販売 / 配布契約(DDA)に加えて適用される規約だよ!
        DDAにも同意してね!
      5. Play Consoleにはモバイル、ウェブ、アプリのバージョンが含まれるよ!
        Play Consoleには、
        Google Play,AndroidOSで使えるデベロッパーアカウントに関連付けられたアプリの管理、公開、掲載のツール、
        パフォーマンスデータに基づく指標、分析が含まれるよ!
    • できないこと
      • 意図された機能の範囲を超えてPlay Consoleを使うこと。
      • Play Consoleで違法(不正)行為に関与、促進、助長すること。
      • Play Consoleのどこかの面を無効、妨害、リバース エンジニアリング、回避すること。
      • Play ConsoleでGoogle の他のプロダクト、サービスにこのプロダクト、利用規約に違反してアクセスすること。
      • これらの使用方法は認められません。
  2. まとめ(2になってるのも気にしないでください...)

    • Googleアカウント
    • 年齢(18歳以上)
    • 予備のメールアドレス(gmail以外)
    • 連絡先の電話番号
    • 25$(2800円ぐらい)
    • クレジットカードかデビットカード(プリペイドカード不可)
    • 有効な身分証明書

    • が登録に必要!
      アプリを売った時に源泉徴収税の心配なし!
      DDAとPlay Console利用規約に同意してね!

    • これらが登録に必要なものです。
      自分みたいに、
      年齢宣言とか調べてなくて後悔した!とか言うことがないように、
      他のものでも気を付けるようにしましょう!
      では。

←前 いろんなアプリの描画システムは? 次→無し