気ままにやっていくプログラミングとかブログ

中学1年生が気ままにプログラムのことを中心に書いていくブログです。

色んなアプリの描画システムは?

Kitachisukuです。

今回は、

自分が個人的に気になっていた、

「アプリで使われている描画システム」について調べてみました。

 

※つかわれているもの(Electronなど)についても書きます。


 1.プログラミング関連アプリ

 2.ブラウザ

3.音楽関連

  • LMMS

4.画像関連

5.そのほか

6.まとめ


 

 1.プログラミング関連アプリ

Visual Studio Code

自分がいつもお世話になっているアプリです。

HTMLなどウェブ技術でアプリが作れる

Electronを使って作られています。

 

 

 

・Godot Engine

オープンソースでフリーのゲームエンジンです。

これで作ったアプリには、

OpenGL ES 3.0(2.0)が使われています。

 

  2.ブラウザ

Chromiumとその派生

オープンソースでフリーのブラウザです。

レンタリングエンジンには、

Blinkが使われています。

 

また、

これが理由で、

ElectronもBlinkです。

 

FireFoxとその派生

オープンソースでフリーのブラウザです。

レンタリングエンジンには、

Geckoが使われています。

 

・Internet Exploler

MS製のブラウザです。最近は公式も非推奨。

レンタリングエンジンには、

Tridentが使われています。

 

3.音楽関連

・LMMS

知ってる人もいるでしょうが、(よく言ってるので)

LMMSはオープンソースでフリーの作曲ソフトです。

GUIQtを使っています。

 

4.画像関連

Inkscape

Inkscapeは、

オープンソースのフリーベクトル画像編集ソフトです。

GUIGTK2を使っています。

 

・CinePaint

CinePaintは、

オープンソースのフリーのラスター画像編集ソフトウェアです。

GUIFLTKを使用しています。

 

5.そのほか

BitTorrent

BitTorrentは、

ファイル転送プロトコルおよびその通信を行うソフトウェアです。

GUIにはwxWidgetsを使用しています。

 

6.まとめ

いかがだったでしょうか。

このように、

様々な手段でアプリは開発されています。

 

ちなみに自分は主にFLTkを使っています。

 

GUI何を使おうかな、と悩んでるのだったら、

この中から選んでみてもよいのではないかと思います。

 

では。

Java VS Kotlin ←前   次→ Play Console登録方法