気ままにやっていくプログラミングとかブログ

中学1年生が気ままにプログラムのことを中心に書いていくブログです。

Android X iPhoneアプリ開発

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

Kitachisukuです。

今回はAndroidiPhoneのアプリを同時に開発する方法を紹介します。

 

あと、注意書きです。

AndroidiPhone向けに同時にコンパイルものですが、

iPhone向けにコンパイルするにはMacのソフト

Xcode」が必要です。

 

なのでWindowsLinuxコンパイルするには、

何かしらのクラウドサービスなどを利用することになります。

 


1.手段を考える

2.使ってみる

    ・インストール

        ・Flutter

        ・Apache Cordova

3.まとめ


 

1.手段を考える

実はいくつか開発する手段はあります。

今回は2つを紹介します。

・Flutter

 Flutterは、

 Googleが開発したフレームワークです。

 

 Dart言語を使用し、

 Android&iPhone&Web向けにアプリをコンパイルできます。

 AdMob(広告)などのものも使え、

 ネイティブのKotlin(Java),Swift(Object-C)との連携もできます。

 

Apache Cordova

 Apache Cordova(以下Cordova)は、

 Apatchソフトウェア財団が配布しているモバイルフレームワークです。

 

 CordovaはHTMLでモバイルアプリが開発でき、

 HTMLのコードをそのままモバイルアプリにすることも可能です。

 主にそのままのHTMLではなく、

 Onsen UIなどを使用して開発されています。

 広告の使用も可です。

 

主にこの2つが有名です。

他にあるのは、

Xamarin(Javaとかで書くコードをC#で使えるようにしたって感じのもの)や、

そのままネイティブで開発するということ、

またCordovaに類似したシステムを使うこともできます。

 

2.使ってみる

・インストール

・Flutter

まず公式サイトにアクセスします。

次に右上の「Get started」を押します。

自分のOSを選んでから、

最小要件を確認してください。

最小要件をクリアしていたら、

インストールをします。

Android Studioがインストールされていなかったらそれもインストールします。

これは必須です。

 

「flutter_windows_x.xx.x-stable.zip」

(OSによって文字が一部異なります。xは数値です。たとえば1.22.5とかです。)

というファイルをダウンロードします。

 

インストールが終わったら、

ファイルを解凍して、

任意のフォルダーに移動させてください。

ただし、

そのとき、

「Program Files」など、

空白が存在するディレクトリには移動させないでください。

 

※ここからは主にWindowsの説明になります。

 

次にパスを通します。

通す方法は、

まずflutterをインストールしたディレクト

(例: C\apri\flutter)に「\bin」を付けたしてコピペしておきます。

(この例では)

左下にある「ここに入力して検索」とあるところに、

環境変数」と打ち込み、

でてきた「環境変数を編集」をおします。

次に上にある

「(user_name)のユーザー環境変数(U)」の中にある

「Path」を選択して

「編集(E)...」を押します。

次に右上にある

「新規(N)」を押して、

コピペしておいた内容を張り付けて「OK」を押したら完了です。

 

次に、

flutterのフォルダにある

「flutte_console」をダブルクリックで起動します。

その次にこう打ち込みます。

flutter doctor

 そして特にエラーが起こらなければOKです。

 

以上がflutterのインストール方法です。

 

Apache Cordova

まずここから「Node.js」をインストールします。

次にコマンドプロンプトを開いてこう打ちます。

 

npm install -g cordova

 以上です。

コンパイルにはAndroid StudioXcodeが必要となります。

 

3.まとめ

・flutterはdart言語を使ってAndroid,iPhone,Web向けのアプリを開発できる

・cordovaはHTMLを使用してAndroid,iPhone向けのアプリを開発できる

 

ちなみにそれぞれの長所を上げておきますと、

・flutterはネイティブとの連携が比較的簡単

・cordovaは完全にHTMLなので導入が容易

ってとこでしょうか。

 

以上がAndroid X iPhoneアプリの開発方法です。

参考になると嬉しいです。

では。

よろしければ評価をお願いします。

 

←前 Godot Engineを使ってみて思ったこと   次→Godot Engineでアプリ(メモ帳)は作れるのか?